星のホームあいの(共同生活援助)


★定 員9名

★共同生活援助とは…
障がいのある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつまたは食事の支援、その他の日常生活上の援助を行います。このサービスでは、孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定などが期待されます。
(厚生労働省HPより抜粋)

★主に以下のような支援を行っています。
基本的な生活に関わる支援
①食事:栄養バランスと入居者の身体状況に配慮した食事を提供し、入居者の状況に応じて介助します。(栄養士による献立)
②入浴:年間を通じて毎日、入居者の状況に応じて入浴支援を行います。
③洗濯:入居者が常に衛生的で清潔感のある衣服を身につけていただくよう支援を行います。
④排泄:入居者の状況に応じて適切な排泄支援を行います。
⑤着脱衣:季節や気候、入居者の状況や希望に応じた適切な着替えの支援を行います。
⑥整容:個性に配慮し、適切な整容が行われるよう支援を行います。
⑦清掃:入居者が快適な生活を行えるよう、住居内の環境を清潔に保つことに努めます。また、居室、その他の場所についても状況に応じて支援を行います。
⑧整理整頓:入居者本人の私物に関しては入居者自身で整理整頓をお願いしますが、状況に応じて支援が必要な場合は、事前に入居者の同意を得た後に一緒に行います。
⑨移動:入居者の心身の状況に応じて適切な移動支援を行います。
⑩睡眠・入居者の健康のため、健やかな睡眠ができるよう環境を整えます。
⑪安全管理:入居者が安全で安心して生活を営むことができるよう、必要な改善修繕等の措置を講ずる等、グループホームにおける入居者の安全配慮・安全確保に努めます。

日中活動に関わる支援
①就労支援:就労先との連絡、調整等必要に応じて支援を行います。
②日中活動支援:日中活動事業所との連絡・調整等必要に応じて支援します。
③余暇活動支援:買物・地域の行事への参加レクリエーション活動等、入居者の希望に応じて必要な支援を行います。
④社会活動支援:入居者の状況に応じて、権利行使に関わる活動の支援を行います。また、入居者に状況に応じて、地域の奉仕活動や行事等参加の為の必要な支援を行います。

保健医療に関わる支援
①健康管理:定期的な健康診断等により健康管理に努めます。
②服薬管理:管理が必要な入居者については、医師の指示と看護師の指導のもと、職員が服薬の管理を行います。
③通院・治療:サービスの実施中に発生した事故等について治療が必要な場合は迅速に通院支援を行います。また、家庭治療を超えない範囲で簡単な治療を行います。
④入院中のサービス提供:個別支援計画に基づき支援を行います。

社会生活に関わる支援
①コミュニケーション:入居者個々の能力に応じて、様々な手法により意思を伝達することができるように支援を行います。また、入居者の意思を尊重し、説明・代読・代筆等が必要な場合は支援を行います。
②金銭管理:基本的には入居者自身で行っていただきますが、個々の能力に応じて必要な支援を行います。困難な場合は世話人等規定に則ってが代行します。
③情報提供:社会参加を促進するための有益で必要な情報を入居者や家族に提供します。
④相談及び援助:入居者及びその家族からのいかなる相談についても誠意を持って応じ、可能な限り必要な援助を行うように努めます。
⑤社会資源の利用:入居者がより社会と関わりの中で生活できるよう、公共施設や交通機関の利用等必要に応じて支援します。

★ご利用料金
送 迎:無料(星のくま日中活動事業所への送迎)
家 賃:25,000円/月(家賃補助がある方は15,000円/月)
食 費:21,000円/月
水道光熱費:7,000円/月
日用品費:2,000円/月
行事参加費:(有料の行事がある場合は事前にお知らせします)